緑色のソファ

2つのホームを自由に往来|住むなら杉並区で決まり!高級不動産でクールなセカンドハウスライフ

緑色のソファ

ステータスが高い男達のトレンド|マルチハビテーションの魅力

第二のホームタウンに杉並を選ぼう

マルチハビテーション時代の到来

ジャケットを着た男性

マルチハビテーションという言葉をご存知でしょうか。これは住宅を2つ以上所有している人が、それぞれの住宅を自由に活用しながら日々を過ごすライフスタイルを指す造語です。一定以上の収入がある人々にマルチハビテーションは多く選択されています。平日は都会の荒波に揉まれながら働き、休日は自分専用の空間で、自分の時間を謳歌する。日々の生活のオンとオフを切り替えられるマルチハビテーションは、都会のストレス社会に身を置く現代人にベストな選択肢の1つと言えます。以下では、マルチハビテーションを行なうためのセカンドハウス、つまり休日専用の特別な住宅の選び方や購入方法をご案内いたします。

セカンドハウスで理想の暮らし

マルチハビテーションを実現させるためには、セカンドハウスの存在が必要です。多くの場合、セカンドハウスは現在の住環境とは違った環境が選ばれます。というのもセカンドハウスを自分の趣味やリフレッシュのために使用する人が多いのが主な理由です。

日常生活での時短

時間を気にする男性

セカンドハウスは、言ってみれば都会の別荘。自分が好きなものだけを置いて、自分が使いたいときに自由に使える特別な場所です。日々の仕事に追われていると、いざ休日を迎えた際に家から出るのが億劫になり、貴重な休日を潰してしまうことも珍しくありません。ちょっと外出してみようと思っても、都心中心部の高級マンション近辺には駅や商業施設、多くの人々で溢れています。セカンドハウスを持っていれば、休日が翌日に控えている日は仕事を終えた後にセカンドハウスに直帰することができます。次の日は朝から自分の思いのままに休日をフル活用することが可能なため、無駄な時間を浪費する必要がありません

コミュニケーションの場として活用

お酒を飲む男性

セカンドハウスの魅力は、自分だけの空間としてだけではなく大切な友人とコミュニケーションの場として活用可能です。高級マンションであれば、お洒落な外装だけでなく、内装設備も充実しています。また好みの間取りを選択しておけば、プライバシーを守りながら客人を自宅に招き入れてホームパーティーを楽しむことも可能です。友人知人を招くことに特化した空間とすることで、自宅でありながらも生活感を感じさせない空間を演出できるのもセカンドハウスならでは。低層高級マンションタイプのセカンドハウスであれば、住宅に面した庭でバーベキューをしたり、ちょっと贅沢なランチタイムを過ごしたりしてみるのも良いかもしれません。

杉並区のスーパーマーケット情報

笑顔の女性

杉並区内で買い物をする際には、地域のスーパーなどの情報を調べておくことが大切です。杉並区浜田山からわずか2駅離れた永福町には、多彩な食品を取り揃えた「三浦屋」というスーパーがあります。三浦屋は杉並区に本社をおいている地域密着型のスーパーで、都内に13店舗展開しています。一般的な食品類に加えて、自社で製造している惣菜やパン、デザート類などを取り扱っています。品質や安全性が高いため、杉並区の住人に多く利用されています。杉並区には永福店と松庵店の2店舗が存在し、喫茶コーナーや休憩スペースもあります。そういったスペースは地域住民のコミュニケーションの場にもなっているのです。また永福店や松庵店では宅配サービスも行なっているため、まとめて買い物をするときや忙しくて手が離せないときなどは活用してみると良いでしょう。

宅配地域

セカンドハウス購入時に役立つ情報

セカンドハウスローン

マンションのベランダ

セカンドハウスローンを知る

セカンドハウスローンは、その名前の通りセカンドハウスを購入するためのローンで、各金融機関で取り扱っているローンになります。セカンドハウスローンは、一般的な住宅ローンよりも金利が高いのは特徴です。金融機関にもよりますが、セカンドハウスそのものをぜいたく品として扱うため各種優遇が適用されません。結果的に住宅ローンよりも3~4%も高い金利になってしまうのです。

フラット35の活用

フラット35を利用すれば住宅ローンに近い金利で融資を受けることが可能です。フラット35は長期固定金利が特徴で、ぜいたく品であるセカンドハウスであっても3~4%の高い金利を支払う必要がありません。ですが、国の補助制度である住宅ローン控除は適用外となってしまうので注意しましょう。

フラット35の素朴な疑問

悩む男性

フラット35はどの金融機関でも利用することができますか?(40代/男性)

案内する男性

金融機関によってはセカンドハウスローンのそのものを取り扱っていないこともあるため事前に確認しておくといいでしょう。またセカンドハウスローンは賃貸住宅には使用することができません。

アゴに手を添える男性

フラット35を利用できる人に年齢制限はありますか?(50代/男性)

スーツを着た男性

基本的には申し込む本人の年齢が70歳未満であれば大丈夫です。また他フラット35を利用したときに、返済する金額の4倍以上の月収があることが条件です。

セカンドハウスは軽減税率が使える

ペンを持つ人

セカンドハウスと別荘を同じものと捉えている人も多いですが、実際は別物です。一般的にセカンドハウスは毎月1日以上の居住するために使用するもので2つ目の居住地です。一方、別荘は不定期に使用する場所で、もっぱら保養のために使用されるものとして認識されています。その為、セカンドハウスと別荘とではかけられている税金にも違いがあります。基本的に土地や建物などの不動産を取得した際には、不動産取得税を支払う必要があります。不動産取得税の場合基本税率は住宅であれば3%、それ以外の家屋は4%と定められています。例えば、5000万円の住宅で計算した場合、別荘だと5000万×4%=200万円、セカンドハウスだと5000万×3%=150万というように大きな差が発生します。また、セカンドハウスが新築かつ住宅部分の敷地面積が50㎡以上、240㎡以下の場合最大1200万円の控除を受けることも出来ます。認定長期優良住宅と認められた場合は1300万円まで上限が上がるので活用できるのです。

受けられる軽減税率の種類と特徴

まず、住宅として土地や建物を所有していると固定資産税という税金が課金されます。一般的な税率としては1.4%になります。固定資産税は小規模住宅用地(敷地面積200㎡以下)であれば税台帳に記されている価格の1/6減額措置を受けることが可能です。また、200㎡以上の敷地面積であれば、特例として1/3まで減額されるケースもあります。他にも市街区のセカンドハウスには都市計画税が課税されることも考えられます。この都市計画税に関しても200㎡以下であれば1/3、200㎡以上であれば2/3まで価格を減額することが可能になります。これらの税率は各市町村で異なってくるため、事前に確認しておきましょう。